てふてふひらひらどこへ行く

アクセスカウンタ

zoom RSS 寿ゞ家講座開催報告(9月21日)

<<   作成日時 : 2013/09/22 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

寿ゞ家講座第2回目は、
魚津社寺工務店の野口英一朗氏による
「文化財建造物の繕い方」

講師の野口氏
画像

今回は講師の方の写真を新館1階の鶴の襖絵の前で撮っています。

最初に講義で文化財建造物の修理に際して行う事前調査について、
実例を引きながらお話しいただきました。

画像


参加者の方からは
どこまでさかのぼった時代に直さなければならないのか、など
私にとっては楽しい質疑応答がありました。

文化財に指定された建造物であれば、
その指定に伴って建物の価値は一定の時期や特徴が定められますが、
伝建の場合は、建物の価値と生活とのバランスを調整することがさらに求められます。
ケースバイケースでの対応となります。

また、建物の価値を誰が決めるのか、というところに立つと
地域の自治体と施主、建築関係者を交えた協議が欠かせません。
それぞれの胆力が試されるところです。
寿ゞ家の場合も同様。

そして
寿ゞ家の建物の修繕を例として、実地に解説。
画像


画像


現在進めている修繕の方法についてもコメントをいただきました。
画像


これから行う難関の作業についても、
こちらから大工さんに提案している方法を述べ、
これも作業を進めていく中で次を判断するしかないことも確認。
画像


参加した大工さんたちも興味深い内容だったのではないでしょうか。

さて、
来週は
名古屋市立大学教授・溝口正人先生を講師にお迎えして
「文化財を使い続ける‐何を残し、伝えるか‐」をお話しいただきます。
寿ゞ家講座の第3回もお楽しみに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寿ゞ家講座開催報告(9月21日) てふてふひらひらどこへ行く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる