最初で最後の学芸会

今日は寺部小学校移転後最初の学芸会。
愚息にとっては小学校最後の学芸会になります。

自分の演技でみんなに喜んでもらうことを
自らの楽しみとする質の愚息は、
実は移転前に体育館を見た時から、
そこで最高の演技をすることを望んでいました。

今日、劇を観覧して、
この頃の浮かない愚息の顔の訳がよくわかりました。

望んだ配役になり、愚息は精一杯の演技をしていました。
他の役の子たちもそれぞれに頑張っていたと思います。
しかしながら、
場面場面のつなぎが悪く、
また中途半端な演出もあり、
全体の出来が今一つ。
残念としか言いようがありません。

聞くところによると、
全体の監督をした学年主任の脚本や指導がダメだったと。
学内の内覧で校長先生にダメ出しをされても、
それを修正できなかったようで。

それは、前半後半でそれぞれ指導した先生が別だったと聞いたことで納得。
前半はその主任の担当、バラバラ。
後半はその部分ではまとまっていました。

昨年は目立つ演技をしてみんなを引き立てることができ、
今年も自分の演技で引っ張って、全体も良く仕上げたいという愚息の思いは、
どうにもセンスのない一人の教師によって阻まれてしまったようです。

愚息は、担任の指導する後半に出演し、
彼自身の持ち味を出していました。
周囲の子たちとも楽しくできたようです。
親としてそこは救いであり、最大限褒めました。

画像


画像


画像

人生うまくいくこともあれば、そうでないこともある。
自分が一生懸命でも、その努力すべてが実るわけではない。
上手くいかないときでも嫌にならず、
自分の分を守ってそこで頑張ればいい。
良い勉強ができました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック