伝え方

とよた世間遺産の認定候補の募集について、
今年度は気楽に応募していただきたく、
掲示板への投稿も可としたり、
推薦書も省略可としたり、
いろいろ試行してみました。

それらはそれらで効果があったのか、
昨年度に比べて応募は増えました。
しかし、また別の課題が明確になりました。
それは、
「とよた世間遺産」がどのような事柄を指すのか、
その定義が認識されていないことです。

認定するからには認定するための基準を設けているわけで、
趣旨や定義、認定基準についても
研究所のホームページで提示しています。

しかし、応募してくださる方で、
それをきちんと読んでくれる人は少なく、
応募の中には、世間遺産と異なる部類の思いも含まれてきます。
当然、それらは不認定、もしくは認定保留になります。

応募した方たちは善意で、
これは
応募前には当然定義とか確認してくれると考えていた
こちらの見込み違い。
ただ、多くの人にきちんと伝えるのはむずかしいと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック