テーマ:おもしろいもの

伝え方

とよた世間遺産の認定候補の募集について、 今年度は気楽に応募していただきたく、 掲示板への投稿も可としたり、 推薦書も省略可としたり、 いろいろ試行してみました。 それらはそれらで効果があったのか、 昨年度に比べて応募は増えました。 しかし、また別の課題が明確になりました。 それは、 「とよた世間遺産」がどのような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てふてふひらひらどこへ行く

前回、誕生日の翌日に久々の投稿。 投稿をしていなかった間にも このブログ名「てふてふひらひらどこへ行く」のように、 自分の興味の赴くままにあちらこちらとめぐり、あれやこれやとコトを起こしてきました。 しかし、あちらこちらひらひらしても、 活動が拡大していっても、 一周まわって元の自分に帰ってくるというのがこのところの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々の内省

正月休みにこれまでとこれからを考えることが多かったためか、 このところ日々内省することがあります。 ・単に批判、非難していることはないか ・まずは肯定できているか、ちゃんと見ているか ・新しい価値観を提供できているか 「自分らしく生きる」なんてことは、たぶんできっこない。 なかなか難しく、きっと世の中に大変なご迷惑に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夢2017

いつ見たか、見たかどうかもわからないこのところの初夢。 今年はどうやら初夢あったようです。 覚えているのは、 なぜかいろいろな人から相談を受ける自分。 主に事務所のような場所で、時には何かの現場で。 相談内容までは覚えていませんが、 その人たちに対してなにかしらの助言をしていたような。 一般的なおめでたい夢ではあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富永のお宝巡り

富永の所畑遺跡から出土した遺物を拝見。 種類豊富な縄文土器が主体。 弥生後期の高杯があることに驚き、 別の場所から発見された鉄鏃(中世以降)や石冠なども拝見。 この山の中には確かに何かあると実感。 偶然にしても、こんなものを山の中で簡単に拾えるわけはありません。 所畑遺跡の現況も視察。 今回連れて行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

侵入者

足助ゴエンナーレに参加する作家さんの下見のため、 寿ゞ家本館の地階、納戸に入ると、 奥の壁面に何やら違和感。 見慣れない管状のものがありました。 よくよく見ると、なんと笹でした。 外の地蔵小路沿いの植栽に笹がありますが、 どうやらここまで地下茎をのばしたようです。 問答無用で伐採し、ついでに除草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほみかふぇ

保見ヶ丘団地内で住民グループにより開催された コミュニティカフェの「ほみかふぇ」を見てきました。 この団地は、ブラジル人の集住地として有名です。 特に集合住宅部分では、外国人世帯の数が日本人世帯よりも多く、 階によってはほとんど外国にいるようなところもあります。 日本人と外国人の生活習慣の違いや、コミュニケーションが円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「とよた世間遺産」募集開始!

「とよた世間遺産」認定候補の募集が始まりました! とよたの面白いものをどしどしご応募ください!!! 詳しくは地域人文化学研究所ホームページ→こちら 【送料無料】 世間遺産放浪記 / 藤田洋三著 【単行本】LAWSONほっとステーション基本情報ジャンル実用・ホビーフォーマット単行本出版社石風社発売日2007年04月ISBN97…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古地図で楽しむ三河

これも徹夜して一気に仕上げましたが、 ほんの数ページながら、原稿を担当した 『古地図で楽しむ三河』が届きました。 今回は市販されるものです。 4月中旬には書店に並ぶとのこと。 私が書いたところのほかにも興味深い項目がずらりと並んでいます。 ぜひお買い求めください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オープン稲武

オープン稲武に参加してきました。 なるほどのポートランドのお話や 今後の企画など興味深く。 トヨタケさんの工場見学もありがとうございました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪だくみの夜

足助のかじやさんで 来季足助ゴエンナーレの悪だくみの相談がありました。 (かじやさんが悪だくみをしているわけではありません。) また面白いコトが出来そうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地蔵堂庫裏の展示と南庭

地蔵堂の庫裏(寿ゞ家別館)では Linkさんの作品展が「つながる」が開催されました。 皆さんのつながりで盛況でした。 寿ゞ家の庭も完成間近。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とよたの百年企業

夜に会議のため、今日は午後出勤。 その時間を利用して事務仕事を済ませて発見館へ。 「とよたの百年企業」展を見学。 人間の営みが物語になっていて実に興味深い( ´∀`) 足助の町並み案内をする際には必ず話す 川村屋さんのショーケースの領収書も❗ 自分の見立てが正解だったことを確認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寿ゞ家南庭の石棒(石坊)?

昨日造作した立石の苔と宝珠。 苔が今朝方までの雨にも耐えてくれました。 手水鉢に水が入っていい感じになっています。 どんなものに見えるかはその人、その時次第。 ただし、私が用意したものは「虚無」です。 なぜなら、 この石棒、灯篭の傘と火袋の部分を除いた脚と宝珠。 つまり身と蓋もないということ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の鍬

畑作業で使っている鍬の鋼が小さくなってきたので、 鍛冶屋さんに修理に出しました。 改めて見てみると、 この鍬を打った鍛冶屋さんの槌跡が地金に残っていますし、 過去に鋼を足した後も年輪のようになっています。 こうした手わざが身近にありました。 この鍬、父が使い続けていて、 それを引き継いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寿ゞ家のうちわコレクション

9日は寿ゞ家の作業初めでした。 中馬のおひなさんの準備をしていたのですが、 派生した寄り道の作業に入ってしまいました。 そこで見つけた寿ゞ家のうちわです。 画像では絵柄を紹介していますが、 この裏側にあるうちわを配ったお店の名前、その枚数が貴重な資料になります。 ゴショッとつっこんでありましたので、別の場所に移してす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富永からの帰り道・伊勢神峠

富永からの帰り道、 営業開始直後の「まつ月」さんに立ち寄り、 「本わらび餅」と「づくし」を家への土産に購入。 そして伊勢神峠へ。 伊勢神峠を愛する会の皆さんによって間伐が行われ、 峠道がすっきり明るくなりました。 これなら遥拝所も下から見上げられるし、 曲がりくねった道の様子も見られるし、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あいちヘリテージマネージャー養成講座・紙屋修理現場

五平餅学会の仕事を済ませた後は、 足助交流館に向かいました。 午後はこちらで地域人文化学研究所代表理事として 「あいちヘリテージマネージャー養成講座」の講師をしました。 参加者30余名の方々に対し、 先ずはもう一人の講師である愛工大講師の岩田先生から、 (岩田先生は地域人文科学研究所の副代表理事でもあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挙母城の石垣

先月も桜城の石垣を紹介しましたが、 豊田市にある挙母城跡2つ。 それぞれ隅櫓の石垣です。 ?と思われるかもしれませんが、 桜城址と七州城址との別名で区別され、 一方は矢作川に近い下町に一方は高台にある城跡で、 ともに「挙母城」として築かれました。 七州城跡 桜城跡 桜城跡の石垣には、年末仕様でイルミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足助グルメセンチュリーライド写真展トーク

田口邸で開催されている 足助グルメセンチュリーライド写真展のイベントにおじゃましました。 チャリ研の伊達さんや 本日司会のコバタクこと小林拓一郎さんにもごあいさつできました。 コバタクさんは寿ゞ家もご案内することができました。 お二人との話していると、 その前向きな言動に感じるものがあり、勉強にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微調整

午後、事務連絡に足助へ向かったついでに寿ゞ家へも立ち寄り、 昨日組み直した庭の岩組を微調整。 違い、判るかな? 調整前全景 調整後全景 調整前の中央部・石柱と前石 調整後の中央部・石柱と前石 ほんの少し柱石と前石の角度を調整しただけですが、 これが景色として現場で見ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地歌舞伎サミットと磯崎神社舞台

昨日と今日で、豊田市で行われた全国地歌舞伎サミット。 今日は藤岡地区の磯崎神社の農村舞台で市内の歌舞伎保存会の 公演が行われました。 まずは萩野小学校の児童たちの演技、見事でした。 磯崎神社の農村舞台は、 明治30年代に建てられた茅葺の舞台で、 舞台装置として回り舞台の跡やバッタリ、セリなどがあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過ぎたるもの

桜城跡の隅櫓台の石垣です。 天保の頃の狂歌に 「挙母には過ぎたる物が二つある、大手御門に海老名三平」と 囃されたものがあります。 七州城の大手門も剣術指南役も今はありませんが、 2万石の小藩に不相応なものとは、 その2つというよりは、桜城に七州城、 2つの城作りそのものだったような気がするのです。 城持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レールは語る

旧西中金駅周辺です。 名鉄三河線の廃線路のレールにも、製造所や時期を示す印がつけられています。 昭和3年と5年と2つのレールが並んでいるのは、 開通と開駅の時期の差に関係するのか? 他にもいろいろいろあります。 こうしたものを見つけながら歩くのも一興でしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交流館祭と大学祭

管内の交流館祭と大学祭をのぞいてきました。 保見交流館ふれあい祭り 自治区の区長さんたちや各自主グループのみなさんたちが活躍していました。 いつもお世話になっている方々にごあいさつしながら会場を回らせていただきました。 心配していた天気にも恵まれ、来場される地域の方も多く、盛会でした。 交流館の講座や自主グルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

inとout

このところ原稿を書いていて思ったこと。 与えられた主題に対して 自分が何かの思いを持っていたり、訴えたいものがある事柄については、 常に考えていることがあるためか、 割と素直に文章構成や表現などがすらすらと進みます。 しかし、 そうではない主題に対しては、 なかなか筆が進みません。 そして、 文章表現にしても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風外展

足助中馬館で開催中の「風外展」 味のある作品が並んでいます。 それにしても、風外さんの作品がごろごろ町の中にあるとは、 香積寺との縁ということもありますが、 足助ならではでしょうか。 いらないのがあれば寿ゞ家にもらいたいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな表情

地元の商店と連携して 足助の町並みに特化した観光まちづくりのホームページをつくる仕事もしています。 その取材で回った際の画像です。 ごく一部ですが、こんなところも足助にはあるということで。 HPの予定としては、ちょっと歩きでは見えてこない町並みの魅力を モデルコースを設定しながら紹介します。 お楽しみに。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more