テーマ:写真

四天王寺と新世界、そして内国勧業博覧会のなごり

近代化産業遺産の後ついでに大阪に一泊して、 翌日の午前中、 四天王寺の周辺を散策してきました。 実は、 何となく聖徳太子の開いた日本最初の寺院で インスピレーションを得たかったのです。 それで、天王寺駅から(南側から)四天王寺に向う途中に 「青面金剛童子」ののぼり旗がたっているお堂を見かけました。 ん?庚申さんがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近代化産業遺産保存・活用担い手サミット

今週の月曜日に行われた 近代化産業遺産保存・活用担い手サミットの様子を報告します。 カンバン サミットといっても、 その内容は近代化産業遺産の認定証授与式とシンポジウムです。 会場は、7月に全国近代化遺産活用連絡協議会の全国大会が行われた 大阪市公会堂です。 同じ会場ですが、文化庁系の行事とは違い、 会場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

用水沿いの風景

先日訪れた金沢の尾山神社の門です。 神社から金沢駅に向う際、 金沢の城下町に引き込まれた用水の1つ、 鞍月用水沿いを歩きました。 私が好きなものの1つに 配水排水システムがあります。 用水路の中にある堰や 支線への導水など、 用水施設を眺めて歩くのも好きですが、 それ以外の用水に関わる生活の痕跡なども …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビルマニア

町中を歩いてみると、 普段自動車で通過するだけでは気付かなかった おもしろい建物に気付きます。 道路は電線地中化の工事中です。 こんな装飾があったとは。 町中の新旧の建物 いまひとつ味気ない新しい風景(駐車場) 八百屋さんのカンバンにアールがついていたとは、 今日まで気付きませんでした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天皇伝説

2回目の成人式を迎えました。 ただし3回目は還暦ですヽ(^o^)丿 最近、職場近くの電柱にこのような ポスターが貼られていました。 天皇伝説(-"-) 自主映画? 確か10年前にも題名は違いましたが こんなようなポスターがあちらこちらに貼られているのを見ました。 知人がその映画を見に行きましたが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺部の長屋門と中馬のおひなさん

詳しい事は申しませんが、 先週末に視察した寺部の長屋門2棟と足助の旧塩問屋住宅を紹介します。 豊田市内、高橋地区の寺部は、 徳川家康初陣の場所であり、 近世には尾張藩付家老・渡邉家(徳川十六将の一人渡邊半蔵守綱を祖とする)の 居城・寺部城(築城は中世・鈴木氏に遡る)があった場所です。 寺部城の周囲には家臣が集住し、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菜の花09

今日はポカポカ陽気の良い天気でした。 午前中、市指定文化財・寿町の達磨窯で、 地元の保存会の方々が行っている環境整備活動に立会ってきました。 保存会は、達磨窯の指定直後に地元の有志で立ち上げがされ、 現在は月1回程度、 ボランティアで達磨窯の活用のための整備活動をしています。 近代化遺産を地域の財産として 地元の方々が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊橋のおもしろいもの

11日に行われた豊橋での研修が終わった後で見学したモノたちです。 建造物はほとんど吉田城内に造られたものです。 豊橋市公会堂 こちらは国登録文化財 装飾のワシ(オリジナル) 吉田城の土塁を切って造られた 旧日本軍連隊の門の遺構 衛兵詰め所も門もきれいに残っています。 この門を入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊橋ハリストス正教会使徒福音者馬太聖堂

先日の研修でもう一つ見学したのが、 国指定重要文化財「豊橋ハリストス正教会使徒福音者馬太聖堂」。 大正2(1913)年の木造建築です。 文化財的な解説は抜きにして、 単に眺めるだけでも美しい外観です。 横から 尖塔 部分的に気に入った角度で 正面出入口 内部も拝見しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤鬼と天狗のからかい

今日は愛知県博物館協会の歴史民族部門の研修で 豊橋市へ行ってきました。 その研修の内容の1つに、 国重要無形民俗文化財「豊橋市神明社鬼祭」の祭礼のうち 「天狗と鬼のからかい」の見学がありました。 安久美神明社で行われるこのお祭りの様子を 今回初めて見ることが出来ました。 (しかも特別に拝殿から拝見することができました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊田喜一郎像

トヨタ本社にある 豊田喜一郎像です。 先日、トヨタ本社に打ち合わせにうかがった時に撮影しました。 以前は旧本館の車寄せ前の広場にあったと記憶していますが、 現在は新しい事務本館前に鎮座しています。 以前よりも周囲が立派になったような気がします。 この胸像、実は勝手に撮影できません。 そりゃ、確かに工場敷…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

名古屋市文化のみち

名古屋城から徳川園までの区域は 名古屋の近代化を伝える歴史的に貴重な遺産の宝庫として 名古屋市によって「文化のみち」と位置づけられ、 文化遺産の保存と活用が図られています。 今日はいつの間にか発起人の一人として名を連ねている 「建造物保存研究会」で文化の道を見学しました。 名古屋市の都市景観室のご高配により、 近代…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今日も香嵐渓

今日も香嵐渓の横を通ってきました。 昨日は午後でしたが、今日は午前中だったので 光の具合が随分違います。 巴川沿い(巴橋の上から) 飯盛山(巴橋の下から) 紅葉も確かに良いですが、 せっかく足助まで足を運んでくださったのであれば、 是非、足助の町の中も散策してみてください。 足助の魅力は香嵐渓だけには…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日の香嵐渓

今年はここ数年でもいい色に染まり始めた足助の香嵐渓の様子です。 全山が真っ赤になる紅葉はもう1・2週間先になりそうですが、 今は 色々な色が楽しめます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

木造校舎の廊下

かつて中学校だった木造校舎の廊下です。 現在は地域資料館として 建物が使われています。 写真では何も資料が展示されていませんが、 これから建物の耐震工事が始まるので、 資料を移動させたためです。 これだけ長い木造校舎の廊下が残っているのは、 豊田市内ではここだけではないでしょうか。 こんなところで、 雑巾が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の深まり

秋の彩が一層濃くなってきました。 矢作川を少し遡るだけで、色々な表情を見ることができました。 そしてこちらは四季桜。 今が盛りを迎えています。 県指定天然記念物の木もある、 豊田市小原地区の四季桜が有名ですが、 市内のあちらこちらで見ることができます。 四季桜には、こうした山里の風景がよく似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メダカがやってきた!

我が家に新設された水槽です。 17㎝角の小さな水槽です。 その中にいるのは めだかです。 12匹いますが、 最初は、長女が小学校でもらってきた2匹だけでした。 子供ら姉弟で1匹ずつ名前をつけた結果、 姉は「ミルキー」、 弟は石原君」(漢字では思い浮かんでないと思いますが)となりました。 石原君という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑名市 旧諸戸氏庭園、六華苑(諸戸家住宅)

諸戸家初代・清六が居を構えた場所は、 現在「諸戸氏庭園」として公開されています。 広大な庭園の中には、清六が建て、 国指定重要文化財となっている、 主屋・広間・玄関・洋館・玉突場・表門があります。 本宅 本宅の屋根の棟の方向が変な向きになっていますが、 これは、伊勢神宮の方向に瓦の正面が向くように曲げてある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四日市市 末広橋梁

全国近代化遺産活用連絡協議会の 東海北陸ブロック地区協議会が 四日市市と桑名市の共催で開催されました。 その現場視察ということで、 それぞれの主要な近代化遺産をご案内いただきました。 最初がこの末広橋梁。 現存現役のはね上げ式鉄道橋で、 昭和6年(1931年)完成は国内最古。 国の重要文化財に指定されています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お寺の大屋根

あるお寺の本堂の大屋根です。 瓦を葺き替えて綺麗ないぶし銀の輝きです。 見事な勾配がついています。 新品に見えるかもしれませんが、 手前の小鬼瓦は元々ここに葺かれていた古い瓦を焼きなおしたものです。 瓦職人さんたちの足場 なるほど作業がしやすいように工夫がしてあります。 そして冠瓦を葺く際の作業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若桜之碑

自分の柄ではありませんが、 家族と楽しく過ごせる平和な時間をもてる、 日本の安穏として状態が半世紀以上続いているのは、 先に尊い犠牲があったから。 ということを忘れないようにする為の場所が豊田市内にもあります。 その一つが、 豊田市内の柳ヶ瀬公園の敷地の一角にひっそりと建っている 「若桜之碑」 揮毫は当時の内閣総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊橋市 のんほいパーク

愛・地球博記念公園に続く 休日第2日目のお出かけ先は、 豊橋市の「のんほいパーク」です。⇒のんほいパークHP ここは、動物園、植物園、遊園地、自然史博物館が一つの敷地にあり、 家族連れで1日楽しむ事ができる市営の公園です。 そして、利用料金も安い。 動物園は、「アフリカ園」、「サルデッキ」など特徴的な展示をしています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サツキとメイの家

愛知万博の跡地に残された「サツキとメイの家」。 子供たちと見に行ってきました。 この連休は仕事を入れず、 遅めながら夏休みということで、 家族と過ごす休日です。 かといって、 お泊りでの遊園地めぐりをするほど家計に余裕があるわけはなく、 「どこかに泊まりにいきたい!」と迫る子供たちに 「お泊りをおうちですることにして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬場家住宅

松本で行って見たかったもう一つのものは、 国重文の「馬場家住宅」です。 この建物も、桃介橋と同様に以前から存在は知っていましたが、 今まで訪れたことがありませんでした。 今回は、伝統的な建築物をどのように活用すべきか、 という課題が自分の中にありましたので、 その参考のために立ち寄りました。 見学料は大人300円(中学生以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中山道の宿場の面影

木曽平沢での研修が終り、 町なみを歩き回って見た後、 遅い昼食をとって岐路につきました。 国道19号線に出て、普通なら南へ向ってまっすぐ帰るところですが、 第二の故郷・松本にふと思いが至り、 反対の北へ向かいました。 それと言うのも、単に松本へ向うだけでなく、 奈良井や平沢と同じく、 かつては中山道の宿場町であった町なみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桃介橋

木曽平沢および奈良井へ向う途中、 南木曽町にある桃介橋に立ち寄りました。 桃介橋は、読書発電所の建設の際に資材を運搬するための橋として 大正11年頃に架けられました。 桃介橋名は、木曽川水系の電力開発を積極的に進めた 福澤諭吉の娘婿・福澤桃介の名にちなんで付けられています。 またこの橋は、 読書発電所の発電施設の一部として…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

木曾平沢の町なみ

奈良井の次に紹介するのは、 宿場としてはすぐ隣に位置する木曽平沢の町なみです。 町なみの中央通りの景観 奈良井川側にある通りの景観 山側の通りの景観 通りと通りを結ぶ小路その1 その2 石像が設置してあった家 その隣にあった洋館 かなりおしゃれです。 奈良井でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良井の町なみ

なんだかんだと言ううちに すぐに一週間など過ぎ去ってしまいます。 気が付けば書き込みも滞り、 たまったネタが干からびつつあります。 まずは 先日の木曽平沢と奈良井への出張について。 出張の用向きは、 重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)防災計画研修会に参加するためでした。 塩尻市では、平成19・20年度で総合的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人来襲

浜名湖パルパルに出現した宇宙人?または 遮光器土偶の仲間です。 夏休み、子供たちを連れて遊びに行ってきました。 子供の満面の笑顔や 全身で喜ぶ姿を見ると、 親としてはとても嬉しいのです。 こんなおバカな顔もしますが。。。 全力で遊ぶ子供たちには かえって元気をもらったような気がします。 全力を出し切…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more