テーマ:エッセイ

母の笑顔

今日は、特別養護老人ホームの入所候補者として、 ホームの職員による母の面接(様子見)がありました。 半日代休を取って父と一緒に立ち会いました。 当初はもしかしたらこれで落ち着ける場所に入れるのかも、 と期待していましたが、 まだ候補者の一人として会議にかけるための準備だそうで、 大勢の希望者の中から候補者入りしただけでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会議にて

先日、とある会議に出席しました。 総合的な施策の実践計画を作成するための会議です。 私は単に作業担当としての出席なのですが、 そのほかは関係各部署の代表や実務担当が並んでいました。 個別の事業判断は別として、 そのような計画を立てる場に出たのは初めてでしたが、 感想としては、一言「違和感」です。 現況分析から作業内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よくばり?それとも浮気者?

あれもしたい、これもしたい あれもほしい、これもほしい やり出したらきりがないし 手を出したらきりがない そして 際限がないから踏み出せない はじめられない? ぽつねんと 荒野に座り込む 基本的に欲張り でも、その欲望に対する自信がない 果たして何がしたいのか? ぽつねんと 荒野に座り込む …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過客にして

気が付けばすでに5月も終わってしまうという事態。 お休みしていた間はもとより 記事を再開してからこの方も 振り返ればアップし損ねた事柄がごろごろ。 たとえば4月にあった、小学校のPTA総会。 今年は会計監査を務めさせていただいているので、 役員席での参加になりました。 総会では思わぬ質問が出たり、それに対する役員の反応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エイプリルフール?

さて、 いろいろありまして、 そろそろブログも再開しようかと。 いつの間にか 周りに合わせていい人になろうとしていたようで 袋小路に入っていたようで。 袋小路に入ったなら、 一本戻るか、壁を登ってみるか、 壁を壊してみるか、やり方はいろいろ。 悩んだところで解決しないものは 悩んでも仕方ない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うわさの…

年越しの準備でかみさんと長男が買出しに行った際、 やはり皆さん同じように買出しに出るようで、 多くの顔見知りと出会ったそうです。 子供たちは小学校の友達とは親しい仲ですが、 親はその友達のことをよく知らないことがあります。 そこでちょっと気になることがあったそうです。 長男の同級生の親子と会った際、 子供同士は中が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デザイン

この頃デザインということが気になります。 先日、親睦旅行で行った先のお土産品です。 一つは渋温泉のお菓子を入れる箱「いとおかし」。 中身は温泉街の店で選んで入れます。 箱代だけで350円。 温泉街のマップ付き その発想と箱のデザインに惹かれて買ってしまいました。 渋温泉のキャラクターしぶざる付きの桶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欲張り

私は欲張りな人間だと思います。 まずは自分の好きなように生きたい。 自分を頼ってくれる人たちの役に立ちたい。 仕事もやるからには真剣に取り組みたい。 足助のお役に立ちたいし、自分が住んでいる地域のお役に立ちたい。 子どもたちにはきちんとした父親でありたいし、 かみさんに対してはそれなりに良い夫でもありたい。 いろんなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

補助輪と父と子と

小学校に入学した長男が、 早速できた新しい友達と遊んだ際、 自転車に補助輪が付いていることをバカにされ、 俄然、補助輪をとる気になりました。 幼稚園時代には さほど自転車に乗る機会もなく、 (自分が相手できる時間もないため、 自転車で出かける機会が少なかったこともあり) 補助輪もそのままにしてありました。 長男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

送別会

とあるホテルのロビーです。 奇妙な空間構成ですが、 今回取り上げるのはそのことではありません。 ここにいる訳は、 埋蔵文化財の関係でお世話になった方の 送別会に出席したためです。 今年度末は近年になく 送別会が多くなっています。 「さよならだけが人生さ」とおっしゃった方もいらっしゃいましたが、 別れの季…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大震災

足助の仕事場では ほとんど揺れを感じなかったので、 まさかこれほどとは思わずにいましたが、 報道で繰り返される被害の状況を見るにつれ、 その甚大さを知るにつれ、 ただ呆然とするばかり。 こちらには何もできない自分がいて、 画面の向こう側にはすさまじい状況があり、 そのあまりにもの差に テレビを消してしまうこともあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙結果

知事選挙がありました。 結果はご存知のとおり。 ここまで大差がつくとは 正直驚きました。 政党が信用を失い、 強烈な個性に期待が集まったのか、 目の前の目新しさや、単なる期待感で 大勢が動いたのか、 いろいろあると思いますが。 政治を担うプロの顔が見えてきません。 局面的な課題を表に出して、 短期的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年回りと初夢

私の年明けは、 太陽暦の1月ではなく、 どちらかと言うと太陰暦の一月に近い感覚があります。 その理由としては、 以前にも書いたかもしれませんが、 自分の誕生日がたまたまその年の正月一日にあたっていることや、 父母も2月に誕生日があること(今年喜寿を迎えます)、 月の巡りに親近感をもつことなどがあげられます。 とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けまして! 

おめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 私の新年は、いつもと変わりなく明け、 家族と一緒に穏やかに迎えることができました。 例年のごとく、初夢はこれといってなし。 それでも、 何をするのでもなく家で過ごすことができた休みは、 心の洗濯になりました。 (かみさんは「いつもよりも忙しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の一言

「威張りたい奴は、威張らせておけばいい」  by 宇都宮三郎 そして 偉そうにしたい奴は、偉そうにさせておけばいい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔性の棲家

『国産材はなぜ売れなかったのか』 荻 大陸 著 (株)日本林業調査会  『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』 内山 節 著 講談社現代新書 『わが家の農産加工』別冊現代農業 『実践 農産物地域ブランド化戦略』藤島廣二・中島寛爾 編著 筑波書房 『「創造的であるということ」下 地域の作法から』 内山 節 著 農山村文化協…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年を振り返ると・・・

残すところ明日1日となった平成21年。 振り返って見ればあっという間でしたが、 それなりにいろいろありました。 世間でも大きな変化があった1年でしたが、 私にとって一番大きな出来事は、 やはり 定期人事異動で文化財課から足助支所へ所属が換わったことです。 文化財という道具を持って(明確な立場から)まちづくりに取り組んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近代化遺産と景観の残念な姿

残念な事です。 豊田市駅にも近い昭和町にある旧渡邊医院の建物が火事になりました。 火事の原因は放火だそうです。 昭和一ケタ台の時代を映すおしゃれな建築物でした。 奥の居宅も屋根が落ちています。 柱も無残に焼けていました。 きっとこのまま取り壊しになるのでしょう。 この建物は以前から気になっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日、久し振りに虹を見ました。 途切れずに美しい弧を描いていました。 虹のたもとには幸せがあるとか、 宝物が埋まっているとか、 そんな話を昔聞いた事がありますが、 幸せとはそんなに儚くつかみがたいものなのか。 確かに気を抜くと一瞬で崩れてしまうような、 そんな儚いものだとは思いますが、 虹の元まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心偈(こころうた)屏風の言葉

  ・    ・   ・  魚遊ベド  水ニ跡ナキ    ・   ・   ・   扉アリ  入ルヤ  出ヅルヤ   ・   ・   ・  花見事ニ咲キヌ  誇リモセデ  ヤガテウツロイヌ  ツブヤキモセデ 棟方志功の作品「心偈(こころうた)屏風」にあった言葉です。 心に沁みました。 で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生涯人件費

ちょっと前に見た数字 3億5千万円。 人事課が算出した職員1人あたりの「生涯人件費」です。 年平均920万円×38年の計算。 (現在ベースで退職金まですべて込みこみの金額なので 実際いただいている額ではありません) この額が高いか低いかはわかりませんが、 数字になるとちょっと複雑な思いも。。。 お金をいただくこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧友との時間

今日は生憎の天気でした。 もし晴れていたら 午前中娘を連れて 地元の交流館の歴史ウォークに参加しようと思っていましたが、 それは断念。 その代わり娘と 豊田市美術館へ行きました。 「今を生きる 丹羽隆夫展」を見に行きました。 実はかみさんも彼のお父さんと縁があったので 行きたがっていましたが ぎっくり腰を患って留…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

妻有トリエンナーレ報告その3・最終回

報告第1回目に書きましたが、 今回のツーリングで見たかったのは、 芸術作品と里山の風景の取り合わせ。 そして、見学者(来訪者)の動きや 現地の人(地元の人)のトリエンナーレ開催に対する思いです。 報告の最後に それらについて思ったことを紹介します。 まず 里山と芸術作品との取り合わせについて。 第1回第2回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修羅

全近の全国大会の懇親会で、 参加者の一人から 「あなたの話した内容(開催地事例報告)と共通するものがあるから」と、 1冊の本をいただきました。 『白川静 感じの世界観』 (松岡正剛著 平凡社新書)です。 「文字が持つところの背景、文字が成立したところの民族の基礎的な体験が如何なるものであるか」 「つまり精神史の基点を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不易流行?

「永遠」とは常に過去にあり、 現在から未来に「永遠」はない。 現代に古典は生まれず、 ただ時がそれを洗い出す。 「永遠」は常に過去のもので、 常に不安定な現在にいるぼくらには それもまた変化するもの? つまりは 歴史からなにかを学ぶのではなくて 発見しなければならないってこと。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカラモノ

名前は知りませんが、 渓谷の岩に咲く花を見つけたので・・・ ところ変わって 蔵の中の茶壷の群れ かつてお茶を扱っていた商売の遺産です。 茶炭など こちらは石仏 向って右から摩利支天、阿弥陀如来、不動明王、 手前は地蔵尊。 仏様としては珍しい取り合わせかと思いますが、 隣にはこん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の入院で思ったことなど

火曜日から母が治療入院となりました。 トヨタ記念病院ではなく、 別の精神科の病院です。 認知症は最近広く認知されているので、 もしそうなった場合でも、 それはそれとして扱ってもらいやすくなりました。 でも実際、 認知症になってしまった人と一緒に過ごしてみると、 一口に認知症というだけでは対応できないことも多いです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひらひら

このところ 新聞でもラジオでも、 自分が興味をもつニュースの種類が以前と違ってきています。 以前は近代の人物や遺産、 埋蔵文化財やその他の文化財の活用など その手の記事があればパッと目に入ったのですが、 今では それらの記事以前に、 観光振興や中山間部・過疎地域の農林業活性化・定住対策などの記事が 目に飛び込んでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢に行ってきました

職場の親睦旅行で金沢へ行ってきました。 ほぼ毎度の事ですが、 職場の旅行は、親睦旅行というよりは 研修旅行の感が強いです。 その旅行で見たものを少し紹介します。 金沢駅 以前来た時にはこれが建設中でしたが、 何だかすごい構造物が駅前に作られていました。 長町界隈 屋敷の中は大分変わっている所もありますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自画像

椎間板ヘルニアの手術のため入院していた親父が 今日の午後に退院しました。 母親の認知症はさておき、 一安心です。 さて、 とある資料館の展示で見かけた子供達の自画像です。 小学校低学年の自画像 小学校高学年の自画像 中学生の自画像 こうして並べてみてみると、 自画像は自我像なんだなと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more